Peace Arch(ピースアーチ)国境



Peace Arch(ピースアーチ)と呼ばれ るこの国境は、カナダ - アメリカ - メキシコ間を1直線に繋ぐハイウェイ上にある西海岸最大の国境です。カナダ・アメリカの各イミグレーションの中間地帯は公園になっていて、誰でも特に規制もなく歩き回ることができます。

この写真はアメリカ側からカナダ側を望んでいます。石柱がある所が地理的な国境線のある位置です。石柱に UNITED STATES と彫られているのが見えますか?側面には INTERNATIONAL BOUNDARY (バウンダリーは境界の意味)と書かれています。反対側は、もちろん CANADA と彫られています。撮影日は2001年8月13日

白い記念碑はピースアーチといって国境線上に建てられています。ピンクの○が上の写真にある石碑です。ピースアーチには高さの低い鉄製の門があり、常時開かれた状態になっています。May these gates never be closed」の文句が刻まれていますが、アメリカ・カナダ間の国交が永遠に続くことの象徴的な門と言えるでしょうか?撮影日は2002年6月20日(左)、2004年6月25日(右)
 

それぞれの国旗をデザインした花壇がありますが、季節はずれに行くと見れません。当たり前か・・・。その年によると思いますが、2年続けて6月下旬では開花し切っていなかったので、7月半ば以降が宜しいのではないか?と思います。撮影日は2001年8月13日

アメリカ側ゲートとカナダ側ゲートの間は、芝生が敷き詰められた公園になっています。キッチン(たぶん団体等が予約貸切で使うのだと思う)、小川みたいなのがあって、本当に公園って感じ・・・。同日撮影の他の写真もそうですが、撮影時間は午後の8時以降でも「こんなに明るい!」。全て2002年6月20日撮影


 

********** カナダ国境 **********

下の写真3枚はカナダ側の国境ゲートです。日本の高速道路の料金所のよう な気がしないでもありません。小さくて見えにくいですが、ゲート脇の白い四角い物体が分かりますか?これはカメラです。後からカメラ2台で通過する車のナンバーを記録しているのです撮影日 は2004年6月25日(左と中央)、2201年11月15日(右)

カナダの空港で既に入国を済ましている日本人の場合( バンクーバー滞在中にアメリカに行き戻って来た等)、ここで改めてイミグレーションに行くよう指示されることは普通はないですが、シアトルからアメリカ入国、バンクーバーに行くという場合は左手奥にあるイミグレーションにてカナダ入国のスタンプをもらいます。

カナダ住民の立場として感じるのは、カナダ政府は入国審査よりも税関審査に重きをかけているのではないか?ということです。入国審査官は口頭で居住地、国籍を聞くだけでパスポート提示は求めないことも多々あります。日帰りでアメリカから戻って来たとして、100カナダドルも買い物をしていれば関税、GST(連邦政府税)、PST(州税)、手数料5ドルを徴収されるのが実情です。日本の方は「カナダに持ち込むアメリカで買った品物は日本に持ち帰る」と言う点を主張すれば税金はかけられませんので、気をつけてください。

********** アメリカ国境 **********

アメリカ入国はカナダ入国と比べるとかなり厳しいです。こちらは前後3台のカメラで監視しています。撮影日 は2004年6月25日

ここでは国籍、行き先と目的、滞在期間を必ず質問されます。 ビザ(査証)、有効なI-94Wを持っていない日本人旅行者はゲート脇のイミグレーションの建物に行き入国手続きをします。その際、ゲートにて紙切れを渡されます。

車を左前方にある駐車スペースに停め、そこにいる係り官に紙切れを提示してからオフィスの中に入ります。紙切れを提示するというのは、建物に入る目的を外にいる係り官がチェックしているのだと思います。テロ前はこんな紙切れなしでチェック無しで建物内に入れたのですが、やはり取り締まりが厳しくなったんでしょう。

ここで I-94W(空路で入国する際に使うのと同じもの、日本語版もあり)という緑色の出入国カードを作成します。これ6ドルかかり、USドルの現金が必要です。パスポートにスタンプが押され、I-94Wの半券はホッチキスで留められ、その有効期間内(90日)同じI-94Wで何回でも行き来することできますが、日本へ帰国する際、有効期間が残っていてもI-94W空港の航空会社チェックイン・カウンターで回収されます。

I-94には I-94、I-94W、I-94Tの3種類があります。I-94ビザ所持者用で有効期間は6ヶ月あります。

I-94WはVisa Waiver Program(ビザ免除プログラム)が適用される国(日本もそうです)の旅行者用で、有効期間は90日しかありません。日本人観光客は大抵の場合ビザなしですのでI-94Wが使われますが、90日以上滞在したい場合はビザを取得してI-94をもらわないといけません。

もう1つのI-94Tはトランジット用です。私はこれはもらったことがまだありませんが、アメリカ、カナダ国境のイミグレーションでも沢山積み上げられています。陸路ではトランジットなどないのに何故だか不思議です。

同時多発テロ後Visa Waiver Program が適用される日本人のアメリカ入国への条件も変わってきています。2004年10月26日からは machine-readable passportでない日本のパスポート所持者はビザが必要になりました。変更事項はこちらで確認して下さい。

入国手続きは空いていれば数分で終わりますが、ビザ免除のない国籍の旅行者など何か問題があるのか?前の人が手間取っていると終わるまで待たされます。入国審査官は通常1人か2人のみ、他に暇そうな審査官がウロウロしていても「こちらにどうぞ」なんて事はありません。20分ほどの余裕を取ってください。

なお、カナダ・アメリカとも入国審査のみで出国審査はありません。カナダからアメリカに入る場合はアメリカのゲートを、アメリカからカナダに入る場合はカナダのゲートを通過するだけになります。

2004年07月02日 更新


[ホーム][トップ]

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO