Aldergrove(アルダーグローブ) テロ後の様子

 

2001年 9月11日に起こったテロ事件から間もない国境の様子です。撮影日は2001年9月24日 場所はALDERGROVE(アルダーグローブ)という小さな国境。国境そのものは写っていません。警備が厳重になってきたので、写真を撮って大丈夫なものか?はばかられたからです。こちらもご覧下さい。
 現在アメリカ入国に際しては、アメリカ人でさえ政府発行の写真付きIDの提示を求められます。日本人観光客は帰りの航空券を持参した方が良いと思います。

この日、私達はアメリカに入るため、まずはパシフィックハイウェイの国境に行きました。国境が混んでいることは予め分かってはいましたが、いざ国境に到着してみると平日(月曜)にもかかわらず長い行列ができていました。

このくらいの長さの行列だと普段は1時間待ち位ですが、アイスクリーム屋さんが言うには、何と!3時間かかるんだそうです。1台の車 の審査に5〜10分もかけているからです(これまでは1台に付き1、2分でした)。そんなに待っていられない!私達はUターンし、ここから東へ25分程の場所にあるアルダーグローブの国境まで行きました。ちなみに、 このような行商的商売はピースアーチの国境では禁止されています。

午後655分。アルダーグローブに到着したところです。ここはとっても小さな国境。いつもなら、利用するのは周辺の住民くらいのもので 数分で通過出来るのですが、パシフィック・ハイウェイ、ダグラスの大混雑を避けてやって来た車であふれているため、この日は1時間5分もかかりました(下の写真左)

  

左上の写真の時点から14分経過。でも、ほんの十数メートルしか進んでいません。左前方に見えてきたネオンサインは免税店のものですとっても小さな免税店。その左に見えるクリーム色の建物はカナダのイミグレーションですが、並んでいる車はありません。 カナダ入国はテロの後でもそんなに厳しくないからです(上の写真右)

これはおまけです。アメリカ側に渡ったところにあったモールで全ての店舗に貼ってあったサイン。「神よアメリカを祝福したまえ。私達の思いと祈りはあなたと共にあります」みたいな事が書かれています。


 

2004年07月02日 更新


[ホーム][トップ]

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO