ノイシュヴァンシュタイン城


2003年5月25日(日)・中編
 

1・マリエン橋まで

ノイシュヴァンシュタイン城への行き方は3通りある。1=馬車、2=ミニバス、3=徒歩だ。1のルートは2に比べて近道なので、歩く場合は馬車のルートを行く。または、更に近道ではあるが登りが激しいハイキングコースを行く。 私達はミニバスで登った。運賃は大人1.80ユーロ(下りはもっと安いらしい)、馬車よりはずっと経済的である。

バスはマリエン橋の手前まで行く。  橋まで坂を登って数分の距離だ。私達が乗ってきたバスは満員だったが、城に直行する人もいるのか? 私が夫をせかして走って登ったからか? 橋には誰もいなかった。この橋を渡って反対側の山を登りつめると、ノイシュヴァンシュタイン城を上から望む絶景が見られるらしい。

が、ここから眺めるノイシュヴァンシュタイン城も、私にとっては素晴らしすぎるくらいだった。見てお分かりのように入り口付近の塔は修復工事をしていたが、この程度なら私は全然気にならない。しばらくすると人が沢山やって来たので、私達は城へと進む。

マリエン橋からノイシュヴァンシュタイン城までは 舗装道路を歩いて10分。殆ど下り道なので楽だ。が、向こうから坂を上って来る人達もけっこう多い。この人達は馬車で城まで行った、バスを利用したものの城を先に見学した、または 、歩いて馬車ルートを登った、のいずれかに相当すると思われる。 おそらく殆どが馬車組だろう。 この間の坂道(けっこう きつそうだ)を登らずに済ますには、ミニバスで登り、先にマリエン橋に行くのが最善の方法だと思う。途中、展望台のような場所からホーエンシュヴァンガウ城が見えた。

城の門をくぐった所が、Lower Courtyard である。ここにはホーエンシュヴァンガウ城と同じく、ツアー番号を表示する電光掲示板とゲートがあり、ここで自分のツアー時間まで待つ。 コートヤードの左手のからはマリエン橋が望め た。

Upper Courtyard の脇、赤線を引いてあるところ( 左の写真右)は長い廊下で、ガイドが現れるまでここで待たされる。この廊下の窓からマリエン橋の反対側の山が見えるが、よ〜く見ると数人の人が登っている。 山を見つめながら私は迷っていた。実は私は登るつもりで、ジョギングシューズも履いてきたし、朝食のパンとソーセージでサンドイッチも作ってきてある。が、何だか雨が降り出しそうな空なのだ。う〜ん、見学後の様子で決めるか・・・。

2・ノイシュヴァンシュタイン城ガイドツアー

ここでのガイドは20代の女性だった。 早口の英語でいっきに説明して終わり、またいきなり話し始めて突然終わると言った感じで、何だか事務的な仕事をしているという印象を受けた。 ガイドのせいだけではないが、ノイシュヴァンシュタイン城の見学は物足りなかった。 ホーエンシュヴァンガウ城では見学する部屋は全て1つ1つ詳しく説明してくれたが、ここでは立ち止まって説明があるのは、王座の広間、王の寝室、リビングルーム(全て 4階)、歌人の広間(5階)くらいのもんで、他の部屋は素通りなのだ。寝室はもっとゆっくり見たいと思ったが、説明が終わるとガイドは次へと移動する。まったくメモを取る余裕もない。 写真集には寝室の奥にあるトイレの写真があるが、トイレは公開されていなのか?見ることが出来なかった。また、ツアーの人数も20人以上はいたから、ホーエンシュヴァンガウ城の12人のこじんまりとしたツアーと比べると、ゾロゾロ歩きといった感じがしたのは否めない。

ガイドツアー終了後、小さな部屋で映画が上映されていたが、これはなかなか良かった。ルートヴィヒ2世に語らせる形で、彼自身そして彼が建てた城について説明している。ドイツ語と英語を交互に上映。

また、ツアー解散の地点から城の外に出るまでの間、カフェが1箇所、そしてギフトショップが2箇所もあった(外、城門のところにも簡単なショップがある)。ツアーのあっけなさに比べるとギフトショップは充実していて、何だか興ざめといったところだ。 トイレであるが、私はカフェの前にあったトイレを使った。きれいで空いていたが、洗面所は水しか出ない。

さて、ノイシュヴァンシュタイン城の見学を終え、マリエン橋の向こう側の山に登るかどうかであるが、けっきょく登らなかった。天気のせい、城の見学内容がイマイチだったせい、勝手な理由をつけてパスした。最初の計画ではテーゲルベルク山にロープウェイで登り、下りはマリエン橋まで歩いて下りてくるという楽な方法を考えていたが、それだとロープウェイ乗り場(町から離れている)に車が置き去りにされてしまうという事に遅まきながら気づき、往復( 上りだけで3時間かかるらしい)歩くのが嫌でやめた・・・と言うのが本当のところだ。

城からは歩いて下まで戻る。もちろん距離の短い馬車ルートを行くのであるが、途中、林の中を横切るショートカットがあったので、そっちの道を歩いた。 約10分でツーリストインフォメーションの向こう側、大駐車場の裏に出て来た。で、私の意見 としては、行きはミニバス、帰りは林の中を歩くのがベストではないだろうか?

注意:このページで用いた各部屋の名称は、ノイシュヴァンシュタイン城で購入した写真集(英語版)にあったもの、「地球の歩き方・ロマンティック街道とミュンヘン」にあるもの、ガイドが使っていた言葉のいずれかを使用。


[ホーム][日程表][前半][後半]

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO